相談者の気持ちになって真面目にやっている探偵社がることも事実ですが、悪徳探偵社が存在するのも事実です。どんな悪質な探偵社があるか知っておくのも自己防衛に役立ちますのでご紹介します。
まずは、調査の期日を延ばして少しでも依頼者から料金を取ろうとする探偵社、見積もりとして提出金額と実際の請求額に大きな開きがある、キャンセルをさせてくれない、調査したふりをする探偵社、調査対象者にばれてしまった探偵社、わざと調査対象者にばらして脅した探偵社などがあります。

また、悪質な探偵社が行う違法行為に、いわゆる別れさせ屋というのがあります。別れたくて仕方がない配偶者、しかし別れさせる理由がないときに罠にはめて別れる理由を作るというものです。これは違法行為なので絶対止めてください。
驚くのは別れさせ屋が存在していて日本に20社以上もありサイトもあるそうです。

悪質として逮捕された例では、夫の調査依頼をした奥さんに、浮気調査していることをばらすと脅して恐喝未遂で逮捕された例や、探偵社の社長が依頼主を脅して懲役2年が確定したうえ、営業停止処分になった例もあります。
名古屋であった例では、小学校の校長が元交際相手の女性を脅すことを探偵社にいらいして、依頼された探偵社が女性を脅すなど、悪質な探偵社の例は数多くあります。

また、悪質として行政処分を受けた探偵社の営業署名が警視庁のホームページに載っていますので見ておくことをおススメします。
悪質な探偵社に引っかからないために、事例をご紹介しましたが、多くの探偵社は依頼者から受けた仕事をまじめに行っていますのでご安心ください。